静岡の新車、中古車販売のことなら東海三菱自動車販売- 新車・キャンペーン情報
2018/09/07  - 新車情報
コンパクトSUV『RVR』を一部改良

330x628 158.7kb

〜予防安全技術「e-Assist」の採用グレードを拡大し、全車に標準装備〜

三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』に予防安全技術「e-Assist」を全車標準装備化するなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて9月6日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は2,104,920円〜2,757,240円(消費税込)。
なお、昨年10月に発売した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を継続販売します。

1.主な改良内容

予防安全技術「e-Assist」の衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]、車線逸脱警報システム[LDW]、オートマチックハイビーム[AHB]を全車標準装備としました。(「G」、「ACTIVE GEAR」は従来から標準装備)

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]を全車にメーカーオプション設定しました。

詳細ページを見る


2018/08/24  - 新車情報
プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を大幅改良

500x400 145.8kb

〜PHEVシステムを進化させて発売〜

三菱自動車は、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』のプラグインハイブリッドEVシステムを大幅に進化させ、よりEVらしさを増したSUVとして、8月23日(木)から全国の系列販売会社を通じて販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は、3,939,840円〜5,090,040円(消費税込み)。

今回の大幅改良では、新設計した駆動用バッテリーとエンジンを搭載し、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEV(PHEV)システムの主要構成部品のうち約9割のコンポーネントを改良し、PHEVシステムを大幅にアップデートしました。それにより、モーター駆動ならではの滑らかでパワフルな加速や高い静粛性を一層向上させて、『アウトランダーPHEV』のユニークな特長である“EVらしさ”を際立たせました。
また、ツインモーター4WDによる車両運動統合制御システム「S-AWC」(SUPER ALL WHEEL CONTROL)に新たに2つのドライブモード(「SNOW」モード、「SPORT」モード)を追加し、より安心で楽しい走りを可能にしました。

詳細ページを見る


2018/08/24  - 新車情報
ミッドサイズSUV『アウトランダー』を一部改良して発売

400x300 88.6kb

ミッドサイズSUV『アウトランダー』の内外装のデザイン変更や質感を向上し、また走行の質感も向上させるなど一部改良を施し8月23日(木)から全国の系列販売会社を通じて販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は、2,668,680円〜3,356,100円(消費税込み)。

今回の改良では、ヘッドランプ、バンパーなどのエクステリアデザインの変更と、フロントシートやオーナメントパネルなどのインテリアデザインを変更すると共に、フロアコンソールに後席用のエアコン吹き出し口を追加するなど、質感の向上と快適性を高めました。また、構造用接着剤の塗布により車体剛性を高め、ショックアブソーバーとステアリングギヤを改良し、走行時の質感を向上させ、より上質なSUVへと進化しました。
また、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]と誤発進抑制機能(前進及び後退時)を標準装備とするなど、安全機能を充実させることで、全車「サポカーSワイド」に該当しました。

詳細ページを見る


2018/08/03  - 新車情報
コンパクトミニバン『デリカD:2』『デリカD:2 カスタム』を一部改良

366x582 121.8kb

三菱自動車は、コンパクトミニバン『デリカD:2(ディーツー)』『デリカD:2 カスタム(ディーツーカスタム)』の予防安全性能を向上させ、全車「サポカーSワイド」*1に該当しました。
また、全方位モニター用カメラパッケージを新たに採用するなど一部改良を施し、8月2日(木)から全国の系列販売会社を通じて販売を開始します。
車両本体のメーカー希望小売価格は、1,821,960円〜2,299,320円。(いずれも消費税込)

*1・・・
サポカー(セーフティ・サポートカー)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。
高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。搭載機能に応じて「サポカー」「サポカーS(ベーシック、ベーシック+、ワイド)」に区分されます。

詳細ページを見る


2018/06/08  - 新車情報
軽商用車『ミニキャブトラック』を一部改良

336x212 56.1kb

−誤発進抑制機能(前進・後退時)を全車に標準装備−

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブトラック』に予防安全技術の誤発進抑制機能(前進・後退時)を全車に標準装備し、全国の系列販売会社を通じて6月7日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は871,020円〜1,227,960円(消費税込)。

詳細ページを見る


2018/05/29  - 新車情報
eKシリーズ一部改良「サポカーSワイド」「サポカーSベーシック+」、『eKスペース』に特別仕様車

348x599 152kb

三菱自動車は、ハイトワゴンタイプの軽自動車『eKワゴン』、『eKカスタム』、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車『eKスペース』の予防安全性能を向上させ、全車「サポカーSワイド」*1または「サポカーSベーシック+」*1としました。さらに、『eKカスタム』に加え、『eKスペース』にもオレンジ色をアクセントカラーとした特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定し、いずれも5月28日(月)から全国の系列販売会社を通じて販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は、『eKワゴン』が1,109,160円〜1,580,040円、『eKカスタム』が1,512,000円〜1,701,000円、『eKスペース』が1,317,600円〜1,977,480円。また、特別仕様車「ACTIVE GEAR」の『eKカスタム』は1,702,080円〜1,809,000円、『eKスペース』は1,978,560円〜2,085,480円。(いずれも消費税込)
なお、昨年10月に発売し好評を博した特別仕様車「eKシリーズ PLUS Edition(プラス エディション)」も対象車種、グレードを拡大し、継続販売します。

詳細ページを見る


2018/04/26  - 新車情報
ミニバン『デリカD:5』を一部改良 同時に特別仕様車「JASPER」「ACTIVE GEAR」を発売

330x500 122.2kb

三菱自動車は、ミニバン『デリカD:5(ディーファイブ)』にフロントフェイスの変更など一部改良を施すとともに、昨年4月に発売して好評を博した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を継続して設定し、4月25日(水)から全国の系列販売会社を通じて販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は標準車2,408,400円〜4,055,400円、特別仕様車「ACTIVE GEAR」が3,763,800〜3,936,600円(消費税込)。
加えて、キャンプなどの夏のアウトドアレジャーシーンに最適な特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を新たに設定し、5月17日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は3,570,480〜3,747,600円(消費税込)。

★ニュースリリース
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5197.html

★関連リンク先
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/index.html?intcid2=top_mainbnr_slide1


2018/04/20  - 新車情報
電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を一部改良して発売

344x256 74.7kb

三菱自動車は、電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』のエクステリアデザインを変更するなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて4月19日(木)から販売します。車両本体のメーカー希望小売価格は2,948,400円(消費税込)。

『i-MiEV』は、世界初の量産電気自動車として2009年7月に販売を開始し、日欧米その他地域の52ヶ国で累計約2万3千台を販売してきました。また、電動車のグローバルでの普及に向けた取り組みとして、昨年度は、ジョージア政府、コスタリカ政府にODA(政府開発援助)供与合意に基づく車両の供給や、フィリピン共和国環境天然資源省とインドネシア政府、また今年度は、ベトナム ダナン市商工局へ、覚書に基づく寄贈を実施するなど、持続可能な社会の実現に寄与しています。

https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5195.html

★電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』用の新作デザインラッピングを設定

三菱自動車は、4月19日(木)より電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』の「MYアイ・ミーブ デザインラッピング」に新デザインを設定します。新車購入時のお客様のご利用に加え、現在『i-MiEV』をご愛用いただいているお客様や中古車を購入されるお客様にもご利用いただけます。

https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5196.html


2018/03/17  - 新車情報
東海三菱自動車オリジナル! デリカD:5 JOYFULLパッケージ2発売中!

500x707 228.2kb

人気のデリカD:5のクリーンディーゼル車『デリカD:5 D−PowerPackage』にアルパインの大画面ナビ&後席モニターを装備した『デリカD:5 JOYFULL パッケージ2』を絶賛発売中です!

アルパイン製9型超大画面ナビ付きで大変お得な価格設定となっております!

通常価格4,105,512円を
特別価格3,800,000円!
※消費税込み(取付工賃別途)※有料色を除く

くわしくはスタッフにお問い合わせください。
お見積りやご質問もお気軽にどうぞ!

詳細ページを見る


2018/03/01  - インフォメーション
新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を発売

274x280 14.2kb

三菱自動車は、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を全国の系列販売会社を通じて3月1日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は2,532,600円〜3,095,280円(消費税込)。

『エクリプス クロス』は、コンパクトSUV『RVR』とミッドサイズSUV『アウトランダー』及び『アウトランダーPHEV』のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる新型コンパクトSUVです。これまでにないスタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合した、三菱自動車らしいクーペSUVとし、行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン、新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィールを特長としています。「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というお客様の想いに応えるクーペSUVとしています。

『エクリプス クロス』は中期経営計画“DRIVE FOR GROWTH”を達成するためのグローバル戦略車です。
『エクリプス クロス』は岡崎製作所(愛知県岡崎市)で生産しており、すでに2017年10月に欧州、11月に豪州・ニュージーランド、アセアン地域、2018年1月に北米に向けて出荷しており、最終的に約80ヶ国へ展開する計画です。国内では2017年12月22日(金)より予約注文を受け付けており、2018年2月末時点で約5,000台の予約注文をいただいています。

詳細ページを見る